劇的逆転劇を見せてもらいました。

昨日の横浜DenaベイスターズVS東京ヤクルトスワローズのゲームは凄かった!
1回、東京ヤクルトスワローズは3番の山田哲人選手の2ランホームランで先制した。
その後、7回までゲームは動かず、投手戦となる。

今永選手から須田投手に交代した7回表にまたしても東京ヤクルトスワローズが横浜Denaベイスターズを捕らえる。


鵜久森選手のツーベースを放ち、中村選手からもヒットを打たれ、
更には谷内選手がセカンドゴロに打ち取られるもフィルダースチョイスとなり、追加点・・・
その後、小川選手がきっちり送りバントを決められ、ピッチャー交代。
須田選手から田中選手に交代する。

しかし、続く坂口選手に2点タイムリーを打たれてしまう。

これで5対0と大きく点差が離れてしまった・・・

しかも、終盤戦・・・

勝てる気がしない・・・

なんて思って見てました。

すると、野球は何があるか分からないですね。

その後、8回の裏、横浜Denaベイスターズの攻撃。
先頭バッターの代打、荒波選手が1塁の武内選手のエラーによって出塁すると、
続く石川選手がストレートのフォアボール。

お、面白くなってきたぞ!!!

その後、9番に座っている倉本選手がタイムリー。

よし、1点返した~~~

すると、続く桑原選手がフォアボールを選び、満塁。

これはもしかして・・・

すると、打撃好調の梶谷選手。

ライトスタンドへ大きなグランドスラム!!!

一気に同点!

興奮が止まらない。

試合はその後延長戦へ突入。

東京ヤクルトスワローズは、WBCで日本代表にも選ばれた秋吉選手をマウンドに送る。

しかし、この回先頭の高城選手がヒットで出塁、石川選手がきっちり送りバントを決め、
バッター柴田選手。

見事にセンター頭上を越えるタイムリーツーベースで劇的なサヨナラを決める!!!

横浜ファンからしてみればたまらないゲームでしたね。

よし、今日も勝つぞ!
ベイスターズ!

歯は白く!
http://www.facemusik.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です